人間関係がうまくいかないという悩みの改善方法・ヒント5つ!

人間関係がうまくいかないという悩みの改善方法・ヒント5つ!

人間関係がうまくいかないという悩みを抱えている人は沢山いると思います。

 

この世における殆どの悩みは人間関係から来るものだとも言われています。

 

 

ですから、究極を言えば人付き合いを辞めてしまえば悩み事は少なくなると思います。

 

こうした事はありますが、人付き合いをしなければしないで孤独路線一直線ですし、身に付けるべき常識を身に着けられず人間的に成長出来ないという新たな問題も出て来ます。

 

 

人付き合いが多くても疲れますし、孤独過ぎても面白くありませんからバランスを取る事が大切です。

 

 

ここでは、人間関係がうまくいかないという悩みの改善方法・ヒントについて紹介して行きたいと思います。

 

 

 

素直になる

 

人間関係がうまくいかないという悩みを抱えている人の多くは自己表現が苦手な人だと思います。

 

例えば、いつも無表情でリアクションの薄い人なんかは外から見たら何を考えているかわからない人という風に映りますから、近寄りがたい存在となってしまいます。

 

 

中には人前で感情を出すのは良くないことと思っている人もいるかもしれませんが、そうした状態は遠慮や自分を抑えている状態ですから不自然です。

 

そういう事ではなかなか周囲と打ち解ける事は出来ませんから、もっと素直に自分の感情を表現してみると良いと思います。

 

 

感情を表に出す事で、嫌われる事もあるかもしれませんが、逆に好かれる事も多くなるはずです。

 

誰にも嫌われない様に無難な対応をしていると、誰からも相手にされなくなってしまいますので、そうならない様に、素直な自分を少しづつ出して行く様にすると人間関係も上手く行く様になると思います。

 

 

 

 

強みを持つ

 

人間関係は多くの場合何かのグループで成り立っていると思います。

 

  • 学校が同じ
  •  

  • 同年代
  •  

  • 職場が同じ
  •  

  • 趣味が同じ
  •  

  • 同じ悩み・目標をを持っている

 

 

など、何かしら付き合う理由があって人間関係が成り立っていると思います。

 

 

また、人間関係にはわかりにくいですがパワーバランスというものもあります。

 

そして、このパワーバランスは高い方が有利になりますし、近いほど上手く行きます。

 

 

やはり能力が近くなければ対等な人間関係を築く事は出来ません。

 

 

ですから、良き人間関係を築きたいのなら、自分のパワーバランスを高める様にしましょう。

 

 

全体的に高めるのが理想的ですが、何か一つの特技を極める様にすればそれが強みとなって多くの人に一目置かれる様になりますので効果的です。

 

 

何か一つこれだというものを持っておくと、それをきっかけに人付き合いの幅も広がりますので、そうしたものを探してみると良いと思います。

 

 

 

目の前の物事に一生懸命になる

 

人間関係を上手く行かせたいなら、目の前の物事に一生懸命取り組むようにしましょう。

 

なぜこうするのが良いのかというと、人は一生懸命に頑張っている人には惹かれてしまうからです。

 

 

頑張っている人・努力している人は総じて前向きですから、明るくポジティブさがあり人を惹きつけます。

 

そういう風になれば自分から無理して人間関係を良くしたいなどと考えなくても、周囲が自然と上手く行かせる様に接してくれるようになります。

 

 

下手にどうやれば上手く行くかなと考えてばかりいるよりも断然うまく行きます。

 

 

 

結局、人間関係は相手が自分とどれだけ仲良くなりたいのかで決まります。

 

何も魅力的にも感じず話しかけたいとも思われなければ、自分がどれだけ頑張って話しかけても会話は続きません。

 

 

仲の良い人は無理して作るものでもありません。

 

 

大抵何かをやっていて目的が同じなどという理由で行動を共にして仲良くなるのが普通です。

 

ですから、何かを頑張っていれば自然と出来るはずです。

 

 

一生懸命に頑張れば、自分の為にもなりますし、良い事だらけですから、人間関係の事は一旦忘れて、目の前のやるべき事に取り組んでみましょう。

 


無理をしない

 

人には相性というものがありますから、合わない人とはどうやっても上手くは行きません。

 

これはもう仕方が無い事です。

 

 

それを何とかしようと無理をしても自分を偽るだけですから、ますます上手く行かなくなってしまいます。

 

また、上手く行かないと落ち込んでしまうかもしれませんが、人間関係とはそういうものですから深く気にしない様にした方が良いと思います。

 

 

100%全員と上手く付き合うのなんて無理な話です。

 

そんな完璧な人はどこにもいません。

 

 

必ず苦手な人・グループがあると思います。

 

これはもうどうにもなりませんから、無理して頑張ったりしないようにしましょう。

 

 

本当に合わないなら、その関係は長くは続かないと思いますし、必要最低限の付き合いを続けていればその内離れて行くと思います。

 

職場などでの関係も最低限仕事に支障が出ない程度の付き合いをしていれば何も問題はありません。

 

 

誰でもかれでも友達の様に仲良くならなくてはいけないというのはそもそもの間違いですから、そういう風に考えずに、もっと楽に考えると良いと思います。

 

無理をせず、自然体で最適な距離を探って行くようにしましょう。

 

 

 

なるべく自分から話しかける

 

人間は誰もが構って欲しいという気持ちを持っていますから、話しかけられるとそれだけで嬉しく感じると思います。

 

不快な相手であれば逆効果ですが、普通の相手であれば、話しかけられたら、自分を気にしてくれているという事で悪い気はしないはずです。

 

また、話す度に好感度が上がる単純接触の効果というものもありますから、自分から積極的に話しかけるようにすれば、相手にも悪くは思われなくなると思います。

 

 

常に受け身で話しかけられるのを待っていると、なかなか人と打ち解ける事は出来ません。

 

 

そうしていると、最悪の場合、付き合いづらいという事でハブにされてしまうかもしれません。

 

 

ですから、そういう事の無い様になるべく自分から話しかける様にしましょう。

 

そうすれば、相手もこちらを気にしはじめ、会話も上手く行く様になり、仲良くなれるチャンスも掴めると思います。

 

 

 

 

おわりに

 

人間関係は、ちょっとした心がけで上手く行く様になりますから、意識してみると良いと思います。

 

 

また、人間関係は、あまり深刻に考え過ぎない様にした方が上手く行きやすいと思いますから、ライトに考える様にしましょう。

 

付き合う人は、環境が変われば変わるのがふつうです。

 

小・中・高・大学・職場と、その時期によって付き合う人は違うと思います。

 

 

その中で生涯付き合える友人が数人いれば十分ですし、今はいなくても今後出来る可能性もありますし、現在の趣味や職場などで長く付き合う事になる人もいると思います。

 

多くの関係は何かの関わりがあるから成立しているものに過ぎませんから、それが無くなれば付き合いも無くなります。

 

 

ですから、そんなに深刻に考える必要もありません。

 

そして、そういう関わりに関係なしに付き合って行きたいなら、プライベートでも積極的に付き合って行く様にしましょう。

 

 

そうやって新たな関わりを持つ事が出来たら付き合いを長く続けて行く事が出来る様になると思います。

 

 

 

また、会社での人間関係は、ほうれんそう(報告・連絡・相談)などを上手くやっていれば悪い方へは向かって行かないと思います。

 

他にも、挨拶・確認・伝達などがありますが、こうしたビジネスマナーが出来ていれば職場で人間関係のトラブルに巻き込まれる事も少なくなると思います。

 

 

大抵嫌われて浮いた存在となっている人は、こうしたビジネスマナーが出来ていません。

 

挨拶などをしなければ、相手はこちらに話しかけにくくなりますから、それだけで業務に支障が出て一緒に働きたくないという事になってしまいます。

 

信頼もして貰えませんし、良い人間関係も形成出来ません。

 

 

重要ではなくても、ちょくちょくコミュニケーションを取っていれば、世間話も出来る様になり、孤立せず気分も楽になります。

 

 

場所に応じて最適な態度をとるようにすれば人間関係が円滑に進むようになると思いますので、意識してみると良いと思います。