人と打ち解けられないという悩みを解消する方法・ヒント5つ!

人と打ち解けられないという悩みを解消する方法・ヒント5つ!

いつまでたっても仲良くなれない・誰とも打ち解けられないという事で悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

 

家族や友人・恋人など、または特定の人とだけ打ち解けられないという事で苦しんでいる人もいるかもしれません。

 

 

様々なケースがあると思いますが、そのままにしておいても問題は解決しませんし、辛いだけですから、何らかの解決方法を考えて取り組んで行く様にした方が良いです。

 

コミュニケーションの問題は、ちょっとした意識改革で改善出来る事もありますから、自分に合った方法を探して試してみると良いと思います。

 

 

ここでは、人と打ち解けられないという悩みを解消する方法・ヒントについて紹介して行きたいと思います。

 

 

 

焦らずじっくり良い人間と付き合う

 

人と打ち解けられないという悩みを持っている人は言わないだけで意外と沢山いるものです。

 

仲の良い友人と楽しく過ごしているけど、本当は疲れるし、わかれた後にはドッと疲れが出る・気が休まらないなんて言う人は沢山いると思います。

 

 

こういう場合は、そう思ってしまうのがまずいと考えるかもしれませんが、誰でもどんな関係でも相手を100%信頼する事は難しいと思いますので、そんなに完璧を目指差なくても良いと思います。

 

そんな風に考えると余計に息苦しくなってしまうだけです。

 

 

 

人と仲良くペースは人によって違います。

 

一瞬で誰とでも打ち解けられる人もいれば、1年・2年と長い時間を掛けなければ打ち解けられないという人もいると思います。

 

 

また、どれだけ一緒に時間を過ごしても打ち解けられないという場合もあるかもしれません。

 

こうした場合、早く仲良くなりたいと焦るかもしれませんが、焦っても逆効果ですから、自分のペースで関係を深めて行けば良いと思います。

 

 

 

交遊関係は広すぎても大変です。

 

自分のキャパシティーに合っていなければ管理出来ずに困る事になりますから、むやみやたらに増やさなくても良いと思います。

 

 

本当の親友は1人〜2人という人は割かし普通ですし、実際はそんなものだと思います。

 

少しいれば十分です。

 

 

ですから、合うと感じる人間となるべく自然体で付き合って行くと良いと思います。

 

 

その相手が本当に良き友なら時間が経過する内に段々と打ち解けて行くはずです。

 

人生は80年と長いので、焦らずゆっくりと関係を進めて行きましょう。

 

 

 

 

気持ちが大事

 

なかなか人と打ち解けられない人は、敬語だったりよそよそしかったりという事で、相手との距離を上手く縮める事が出来ないと思います。

 

とりあえず敬語をやめたいと考えるかもしれませんが、なかなか知り合ったばかりの相手だと不安でついつい遠慮して敬語で話してしまうと思います。

 

 

確かに敬語だと距離が遠い感じはありますが、しかし、敬語だから仲良くなれないという訳ではありませんから、そこはあまり気にしなくても良いです。

 

人それぞれパーソナルスペースは違いますし、職場やプライベートなど、時と場合によってこうしたものは変化します。

 

 

広すぎても狭すぎても上手くは行きませんから、丁度良いバランスを探って行く事が大切です。

 

 

 

敬語やよそよそしさは、自分なりの考えがあってそうなっているのだと思います。

 

これはもう無意識にやっている事ですから、変えようと思っても簡単には変えられません。

 

 

ですから、そこはあまり考えなくても良いと思います。

 

それよりも重要なのは気持ちです。

 

 

悩んでいるという事は、周囲と上手くやって行きたいという気持ちはあるという事ですから、その気持ちは大事にして行きましょう。

 

 

そうすれば一気に打ち解ける事は出来なくても悪い方向には向かわないはずです。

 

どこでも誰とでも仲良くなれるのは理想的ですが、職場など場所によってはなれなれしくしない方が良い場合もあります。

 

 

職場の人間とは仕事が円滑に出来る程度にしかコミュニケーションを取らないという考えの人も多いです。

 

仕事は働く場ですから、そうした考え方は普通ですしおかしくありません。

 

 

 

ですから、必ずしも距離を詰めるのが良いという訳ではありません。

 

 

距離を縮める必要が無い相手とはそのままの関係で何ら問題はありませんから、そうした関係もあるという事は理解しておきましょう。

 

 

 


必ずしも打ち解けるのが最高とは限らない

 

寂しがりな人は真の理解者が欲しいと考えて、早く打ち解けた関係の友達が欲しい・距離を縮めなければいけないと考えるかもしれませんが、深い付き合いとなって来ると良い事もある反面悪い事も出て来ますから、必ずしも打ち解けるのが最高とは思わない様にした方が良いです。

 

 

広く浅い付き合いしか出来ず、濃い話が出来なければ自分はコミュ力が低いつまらない奴だと情けなく感じてしまうかもしれませんが、全くそんな事はありません。

 

社会に出れば多くの人が家庭を持ちますから、社会人の人付き合いは浅く広くなって行くのがあたりまえです。

 

 

幼馴染みやよどほ趣味が合うという事でもなければなかなか打ち解けられる仲間を作る事は出来ないと思います。

 

 

また、生活が困窮してお金を貸してくれなどというトラブルに巻き込まれたりするという事も無い話ではありませんから、必ずしも深い人間関係を形成するのが良いとは思わない様にしましょう。

 

誰とでも仲良くなっていたら、簡単にこうしたトラブルに巻きこまれてしまうと思います。

 

 

距離が近すぎた結果、摩擦が起こり喧嘩して疎遠になるというケースもあります。

 

 

 

適度な距離感がある方が人間関係が上手く行くという場合もありますから、どれくらいが最適なのか良く考えてみると良いと思います。

 

 

 

共通の趣味を持つ

 

距離を縮める最適な方法は、何かを一緒にする事です。

 

共通の趣味を持てば、その趣味の話題をいつでも出来る様になりますから、その趣味を通して距離を縮める事が出来ます。

 

 

実は世の中の人間関係の多くはこうした何らかのグループで成り立っています。

 

 

同級生・同じ学校・職場・クラス・部活が一緒・趣味が一緒・子供が同じスクールなど、大抵何かを通して知り合いコミュニティーがあって、そこでの付き合いを通して仲良くなって行くと思います。

 

こうしたものがあるから関係が成り立つというのが普通ですから、無ければ仲良くなるのは難しいです。

 

 

繋がりがある時は仲良く出来るけど、繋がりが無くなれば疎遠になるというのも普通です。

 

大人の友人関係などほぼ趣味繋がりだと思います。

 

 

子供の様に、目的もなくただ遊ぶなんていう事はなかなか無いはずです。

 

何かがなければ、話題に困ってしまいます。

 

 

 

ですから、仲良くなりたい人とは共通の趣味を持つと良いと思います。

 

 

 

共通点を作る

 

趣味に通じる話しですが、共通点があれば親近感を感じる事が出来ますから、一気に仲良くなる事も出来るかもしれません。

 

何気ない話から、自分と繋がる何かを見つけたら、その瞬間は大いに盛り上がると思います。

 

 

意外性があればあるほど盛り上がり親近感を覚えるはずです。

 

 

ですから、そういうものを沢山持つようにすれば色んな人と仲良くなりやすくなります。

 

 

 

好きな芸能人・アーティスト・良く行くお店・好きな食べ物・趣味・得意なスポーツ・興味がある事・やった事ある仕事・行ってみたい場所など話題は幾らでもあります。

 

こうした中から共通点を見つけ出して行けば、その話題を通して打ち解けて行く事が出来るはずです。

 

 

 

3つの共通点を見つける事が出来れば、その人とは必ず仲良くなれるという風にも言われています。

 

異性と距離を縮める時もこういう話題を通して親睦を深めて行くはずです。

 

 

 

共通の話題が持てれば、それじゃあ一緒にやりましょうと新たなコミュニティーを作る事も出来ます。

 

 

共通点があれば、お互いに相手を身近に感じる事が出来る様になりますから、仲良くなりたい人とは積極的に共通点探しをして行きましょう。

 

 

 

おわりに

 

このほか、打ち解けられない人は悩み事を相談したり、胸の内を明かすという方法も効果的です。

 

相談を持ちかけられた相手は、頼られる事で自分は特別だという事を理解しますから、上手く行けば一気に距離を縮める事も出来ます。

 

 

また、こちらが胸の内を明かした分だけ相手も胸の内を明かしてくれるようになると思いますから、そうやって関係が打ち解けて行くと思います。

 

 

 

人は鏡ですから、やはり自分がリラックスして胸の内を明かして行けば相手も心を開いてくれるようになります。

 

こちらが構えていると、相手も落ち着かず構えてしまうと思います。

 

 

 

どちらがわるいという訳ではありませんが、自分が仲良くなりたいのならなるだけ警戒を解いて接して行けるようにした方が良いです。

 

人間関係はちょっとした事で変わりますから、出来る事からはじめてみましょう。