私のママ友に子供が嘘をついて悩んでいるという方がいますので、ここでは子供の嘘や心理について考えてみたいと思います。

 

私は幼少期にお友達からこう聞いたことがあります。

 

「ウソをつくと、地獄に落ちて閻魔様に舌を抜かれてしまうんだって!」と。

 

私のお友達は自分のお母さんよりそう教えられたそうなのです。

 

 

当時私は親からもウソだけは絶対についてはいけないと育てられてきましたし、学校生活の中でも先生から嘘はいけないこと、人は正直であるべきだと教えられてきました。

 

でも子供とは嘘をつくものなのです。

 

 

銀のオノと金のオノやオオカミ少年のように嘘をついてはならないと教える本が多く出回るのもそのためでしょう。

 

しかし、子供がつく嘘は、大人達がつく嘘とは違って、自分を守るための嘘なのです。

 

決して人を陥れたり、悪意のある嘘ではないのです。

 

それは成長過程で誰しもがつくものだし、私はウソなんてついたことがない!っていう人はただ覚えていないだけなのです。

 

私は自分が受けてきた教育から、嘘はいけないものだと考えてきました。

 

なので、自分の息子たちにも、もちろん「嘘はいけない事なのよ!」ときつく教育してきました。

 

 

しかし、子供達は厳しくすればするほど、嘘が上手になるというケースもあるという事を思い知らされることが、息子の通う学校で起きたのです。

 

それは小学校5年生になる男の子の話です。

 

彼は同級生にこう言いました。「職員室の窓に石を投げるんだ」と。

 

そうしないと、俺がお前にこの石を投げつけるぞ!とも言ったそうです。

 

 

そして石を投げざるおえなかった同級生の男の子は、当然先生より話を聞かれます。

 

その子は全てを正直に話したそうです。

 

 

そして先生たちは、彼に石を投げるよう指示した子へ事情を聴きました。

 

しかしその子は涙ながらに僕はそんなこと言っていない!と先生へ訴えたそうです。

 

 

ですが、その子が石を投げるよう指示を出したことは、その場にいた周りの子が証言しているため、間違えないでしょう。

 

しかし、その子は親から厳しく育てられたせいなのか、自分を守るために嘘が上手になり、また、それを突き止めることができない、学校のマニュアルとやらのお陰でその子は守られ、結局その事件自体がうやむやにされてしまいました。

続きを読む≫ 2018/03/26 21:01:26