時々ふと自分という存在の意味・自分が生きている意味を考える事があります。

 

恐らく誰もが人生で一度位はこうした哲学的な事を考える瞬間はあるのではないでしょうか。

 

 

自分という存在の意味、生きている意味というのは、とても漠然としていますが、命ある人は皆人の子ですから、その命を次の世代に引き継いで行くというのが自分が生きている最も純粋な理由なのではないかなと思います。

 

 

生物学的に考えると、オスはメスを求め子孫を残すというのは自然な事ですし、働く理由はご飯を食べて生きて行く為に必要ですし、子供を食べさせて行く為にも必要です。

 

 

極論を言ってしまえば、人間に課せられた課題はこれだけだと思います。

 

 

 

勿論偉業を成し遂げたり、自分の趣味に没頭したり、一人で自由を謳歌したりと、どのように生きる事も出来るのが人間ですが、例えば全員がそれをやった場合は、人間は1代で地上から消えていなくなってしまいます。

 

人類絶滅・滅亡です。

 

 

 

 

人は自由に思考する事が出来ますので、自分の思うがままに好きな事をして過ごす事が出来ます。

 

 

しかし、こうした事がある為に、あれこれ考えて悩んで、やるべき事にエネルギーを注ぐ事が出来ないという弊害も出てしまいます。

 

 

 

動物界は弱肉強食な世界ですから、強者しか子孫を残す事は許されていません。

 

 

弱者でも子孫を残そうと必死に頑張ると思いますが、勝ち残る事が出来なければ一人寂しく死んで行くしかありません。

 

非常に厳しい世界です。

 

 

 

人間社会では、現代は晩婚化が進んでいますし、生涯独身者が爆発的に増えていますし、少子化も進んでいます。

 

また、生きる意味を見いだせないという若者も増えています。

 

 

 

ある調査によると、生涯独身の方は、その多くがうつ病や精神的な病気に罹ってしまうと言われています。

 

 

両親が生きている内は孤独は感じずに済みますが、どうあっても両親は先に死んでしまいます。

 

 

そこから一人で真の孤独を味わい生きて行かねばならなくなりますが、経済力もなく趣味・人付き合いも無ければ、老いて行く日々にただただ不安を感じる毎日となってしまいます。

 

 

その時には、自分が生きている意味とはなんだろうか?自分の存在とは一体何なんだろうか?と疑問に思ってしまうと思います。

 

出来ればこうした生き方は避ける様にしたい所です。

 

 

 

 

やる気も出ない、張り合いも無い、つまらない人生だと感じてしまう事もあるかもしれませんが、人の存在理由は命を繋ぐという事意外に理由はありませんので、ここから外れてしまうと虚しいものになってしまっても仕方がないと思います。

 

 

そもそも元々あった生きている意味を捨ててしまったら、残るものは何もありません。

 

そうなったら、生きる意味を見失ってしまうのも当然ですし、後はひたすら死を待つのみとなってしまうと思います。

 

 

 

ですので、真っ白状態にならない為にも人に課せられた課題をクリアする方向に向かって生きて行く様にした方が良いのだと思います。

 

 

そのほうが豊かな人生を送る事が出来ると思います。

 

 

 

続きを読む≫ 2018/01/08 11:03:08